父の日と誕生日のパーティを楽しみました。

主人の誕生日と父の日が重なったため、誕生日兼父の日パーティーとして手巻き寿司を作りました。
ネタはコストコでお刺身を買ってきました。
昆布を入れてご飯を炊いて、寿司酢を混ぜてご飯を準備しました。
子供たちがデザートを作ってくれました。
今日は2種類のデザートを作りました。
1つ目はバナナとブルーベリー入りのジェラートです。
バナナはカットして冷凍しておきました。
ブルーベリーは買い置きしてあった冷凍食品を使いました。
ミキサーでブルーベリー、バナナ、生クリーム、はちみつを混ぜ合わせました。
もう1種類はキウイフルーツのレアチーズケーキを作りました。
これはとても簡単で、エッセという雑誌のレシピを見ながら作りました。
子供がビニール袋にいれたマリービスケットを砕きました。
綿棒で細かく砕いていました。
これをお皿に敷き詰めました。その上に、クリームチーズ、砂糖、レモン汁、牛乳を混ぜ合わせたものをのせて、上にカットしたキウイフルーツをふんだんにもりました。
手巻きもデザートも美味しかったです。

みんなみんなを笑顔にしてくれる、魔法使いのカメラさん

私の趣味はカメラです。物が一緒でもカメラは目で見るものとまた違う風に写してくれます。カメラに目覚めたのは高校生の時です。家にカメラがあり今までは興味がなかったのですか、ふとした時に手にとり外の風景を取ってみるとなにか心にくるものが感じ、手から離れなくなりました。それからは、なにかある事にカメラを手にとり、撮るようになりました。カメラは人を笑顔にする力もあると思います。みんなカメラを向けると笑顔でこちらをみてくれます。私はなにか魔法のようにも感じます。ずっと家のカメラを使っていましたが、自分の物がほしくなり、一生懸命アルバイトをし、お金を貯め、念願の自分専用の一眼レフを買いました。そっからまた私の新しい世界が広がり始めました。どこに行くにも一緒です。私は、空を撮るのが一番好きです。シャッターを押したカズだけその表情をしてくれるからです。写真をみて、泣いているのかな?笑っているのかな?と考えるのもとても楽しいです。http://www.sleeekingenting.biz/musee-yoyakukotsu.html

テレビドラマで観た又吉さんの本「火花」を読む。

私は、先日又吉直樹さんの本「火花」をやっと買いました。芥川賞をとった時から興味はあったのですが、私は少しあまのじゃくだから、あまり世間で騒ぎ過ぎるとそれに乗っかるのが嫌になってしまう性質です。それに、当初はハードカバーの本しかなかったので、高いという理由もありました。それが最近文庫本が出たので、買いたいなあと思っていました。以前、図書館で予約をした事があるのですが、待っている人数が半端ないので、予約をキャンセルしました。待っていたら、何年もかかりそうでした。そして、今大事に文庫本の「火花」を読んでいます。ストーリーはドラマで観たので知っています。最初はそんなにおもしろいとは思わなかったのですが、観ているうちに主人公の語る先輩が、おもしろくなってきて、楽しみになりました。破滅型の人に感じました。無理をしてカッコつけて自分を追い込んで行くような人に思いました。放送が終わってから、2週間ぐらいしたら、何だかとても寂しく思いました。又吉さんはどんな文章を書くんだろう?という好奇心と、本の中の先輩はドラマとどう印象が違うのかこれから読んで行くのが楽しみです。ゆっくり大事に読もうと思っています。

お友達のおもちゃをどうして取りに行っちゃうのでしょう

今日はお友達のママさんとその赤ちゃん(一歳九ヶ月)が遊びに来てくれました。
我が家の一歳になったばかりの娘はそれはもうテンションが上がりまして、お友達の赤ちゃんをよちよち歩きで追いかけ回していたんですが、ひとつ問題が。どうして赤ちゃんって人の物を取りたがるんでしょうね。うちの娘も例外なくそのタイプでして、飽きてしまっていつもは見向きもしないようなおもちゃなのに、お友達がそのおもちゃで遊び始めると何故か取りに行っちゃうんです。
こういうときの親の立場って、取られる側のほうがまだ気が楽だなぁっていつも思います。取られる側のときは「赤ちゃんってそういうものよね」って思うんですけど、取る側になると「本当にごめんね」ってヒヤヒヤしながら監視しないといけないので。
まだ一歳の娘がどこまで理解しているかわからないんですが「お友達のもの取っちゃだめだよ、どうぞしようね」と促すと、これまで見たこともないぐらい悲しそうな顔で泣くのをこらえておもちゃを手放して(私に取りあげられて)ました。こういうことを経て、だんだん成長していくのでしょうね。私もまだまだ成長過程です。http://www.ohiobiz.co/jyunyu-kouso.html

オーストラリア、ケアンズで、オススメの観光スポットを紹介します。

オーストラリア、ケアンズで、オススメの観光スポットを紹介します。
ケアンズ・トロピカル・ズーは、ケアンズ最大の動物園です。
パーム・コーヴにある、動物園で、動物の種類とショーの多さで人気の動物園だそうです。
自然の地形を生かした広い園内では、放し飼いのカンガルーなどの姿を見る事ができます。
また、コアラを抱いて記念撮影もでき、ナイトズーなども行われており、観光客も
色々楽しめる動物園だと思います。また、飼育員が持つエサをめがけて体長4mを超えるワニが飛び跳ねる姿は迫力があります。
入場料金は、33オーストラリアドルで、ケアンズから車で30分ほどの場所にあります。
ケアンズ・ワイルドライフ・ドームという施設は、シティ・プレイスから徒歩5分ほどの場所にある施設です。
街から徒歩で行ける動物園で、リーフホテルカジノの屋上にあり、高さ20mのガラス張りのドーム型施設内で
コアラやカンガルー、鳥類、巨大なワニなどの姿も見る事ができ、観光客も楽しめる動物園だと思います。
入園料金は、22オーストラリアドルです。

名古屋の中で、美味しい飲食店を紹介します。

名古屋の中で、美味しい飲食店を紹介します。
名古屋市中区にある、白肉屋というお店は、肉料理の美味しいお店です。
ランチの看板メニューという、ステーキ丼(430円ほどだったと思います。)は、
厚みのあるステーキが、ご飯の上に乗っている丼で、程よい味付けのタレの旨みと、
ジューシーなステーキの旨みが良く合い、ご飯がすすむ美味しい一品でした。
また、大盛りは、650円くらでいただけたと思います。
その他、ステーキ丼特盛(1050円ぐらいだったと思います。)などのボリュームある
メニューもあり、たっぷり食べたい人も満足できるお店だと思います。
名古屋市北区にある、初味(はつみ)というお店は、丼物の美味しいお店です。
どて玉丼(800円ほどだったと思います。)は、やや甘めの味付けで、赤味噌の風味と
卵のまろやかさがうまくマッチしたおいしい一品でした。
その他、照り焼き親子丼(850円ほどだったと思います。)も、卵の旨みと肉の旨みが、
うまくマッチしており、美味しかったです。
こちらのお店は、11時から14時30分、18時から22時の営業で、日曜日と祝日がお休みのお店です。

テレビを見て思い出した小学生時代の能面の記憶

 本日放送のNHK「鶴瓶の家族に乾杯」は大河ドラマに出演している高橋一生さんがゲストで,静岡市葵区のロケでした。クールな印象がある高橋さんですが会う人会う人に人懐っこく接して,とても面白い展開になっていました。
 静岡と言えばお茶の名産地というイメージが強いですが,漆塗りや紋など伝統工芸のお店もあり中々バラエティー豊かでした。街歩きで高橋さんが偶然見つけた工房では能面作りをされている方がいて,その方は商売ではなく趣味で創作しているようでした。作品は寄付などをしているようでしたが本格的なものばかりで,スタジオには高橋さん宛の能面のプレゼントが届きとても喜んでいました。
 自分にとっては能面は正直怖いもので,小学生の時に家の建て替えをした時に仮の住居として借りて住んでいた和室に能面が飾ってありその部屋で寝ていたので,夜中にトイレに行くときは肝試しのようなものでした。能面はどの角度から見ても自分をみているようで視線を外せなく,本当に怖かったものですが今日の番組で久々にその感覚を思い出しました。

オーストラリア、シドニーで、オススメのマーケットを紹介します。

オーストラリア、シドニーで、オススメのマーケットを紹介します。
パディス・マーケットというマーケットは、チャイナンタウンの一角にある、地元の人で賑わうマーケットだそうで、
庶民的な雰囲気のマーケットです。屋内で行われているので、雨の日でも安心して、散策ができるマーケットです。
コアラ同士が、抱きついた形をした置物や、持ち手が犬や、鳥をモチーフになったマグカップなどユニークな商品もあり、
色々、見ているだけでも楽しめるマーケットだと思います。水曜日から日曜日、祝日に開催されているマーケットだそうです。
このマーケットへのアクセスは、ライト・レール、モノレール、パディス・マーケッツ駅から徒歩1分ほどの場所にあります。
ロックス・マーケットは、土、日開催されるマーケットで、観光客も多く訪れるマーケットで、衣類や雑貨などを販売するマーケット
が並んでおり、お土産探しにもオススメのマーケットだと思います。
また、フードの屋台もあります。ヤギのミルクで作られた肌に優しい石鹸は、お土産に良いと思います。
その他に、ファッジという、キャラメルに似たお菓子も美味しいです。
交通アクセスは、シティレール、サーキュラー・キー駅から徒歩8分です。

新手のいやがらせ?それとも、愛情の裏返し?

最近、仲の良くなった友達がいじられキャラなことをいいことに、すごく幼くてかわいいいじりをすることにハマっています。やられている友達からするといい迷惑でしょうが、私たちには関係ありません(笑)
特にハマっているのは、携帯を使ったいじりです。もちろん、中を盗み見るわけではなく、携帯のカメラで勝手に撮影するというもの。それも、風景などではなく、私たちの渾身の変顔などのギャグ写メです。友達がトイレなどで席を外した時にこっそり撮るのでその場では気づきません。なので、友達が写真フォルダを開いて初めてわかるという、なんとも地味な嫌がらせです(笑)もう、回数を重ねると、自宅で気付いた時などは完全にスルーで、むしろ削除せずに残してある始末です(笑)
また、友達が買ってきた飲み物を買ってに飲み干すというものもあります。それも、席を外した隙をみて、仲間2,3人で交互に飲んで空っぽにします。友達は「なんで飲んだのー!楽しみにしてたのにー!」といい、わたしたちは「こっちも必死で飲んだんだぞー!吐きそうだわ!」と返します。
これも、仲がいいからできること。そんな、騒がしくも楽しい毎日です。