債務の相殺というのは便利ではあるのですが

相殺というのは債権において存在するものであり、いくつかの要件が存在しています。一つはさ意見が対立していることであり、それぞれの債権が同種の目的を持つことということであったり、両債権に弁済期であることということが必要になります。加えて相殺が禁止されていないことというのも相殺においては重要なポイントになります。さらには、相手方に同時履行の抗弁権がある、当事者で相殺禁止の特約をしている、受動債権が不法行為による損害賠償であるということなのに関しては相殺ができないようになっています。不法行為による損害賠償の相殺というのはできないというのは実はそれなりに知られていないことでありそれにそんなことを認めてしまったら、社会道徳的によろしくない、ということがあったりすることになりますから、これがしっかりと規定されているわけです。債務にも色々と細かい規定があり、相殺も必ず出来るわけではない、ということになります。フレシャスウォーターサーバー