ついに長く乗っていた自転車も寿命を向かえたのかも

普段、通勤に使っている自転車にいろいろとガタがきていたので、そろそろ直さなければと思っていました。
チェーンが錆びてきて漕ぐときにキコキコと音が鳴ったり、前輪のブレーキの効きが悪くなったり…
サドルの皮が裂けてきて、中のスポンジが見えるようになってきていたし、タイヤもツルツルになってきてしまいました。
しかし、そんな矢先に自転車が壊れてしまったので、これはもう、いまの自転車がお役御免となるタイミングだったのかもしれません。
というのも、先日、通勤の途中で、脇道から出てきた高校生の乗る自転車に思いっきりぶつけられてしまいました。
相手は坂道を下ってきてスピードが出ていたようで、一旦停止を完全に無視していたんですよね。
おかげで派手にぶつかられてしまい、自転車もろとも吹っ飛んでしまったのだが、幸い、私は肘に小さな擦り傷だけで済みました。
でも、私の自転車は後輪のギアが外れてしまうし、ブレーキワイヤが切れてしまったしと致命的なダメージで、これはもう直すレベルではないような気がしています。
全部直せばおそらく新しい自転車が買える値段になるので、そろそろ引退させてあげようかなと思っています。

取立てというのは合法的な行為ではあるのですが

取り立てをするということが貸金業者にとっては一つの当たり前の業務として存在するわけですが、債権の取り立てをするにあたり相手方の請求があった時には貸金業を営む者の称号や名称氏名及び取り立てを行う者の氏名を定める事項について書面などの交付をしなければならないということが決まっています。それに誰が来ているのかということをきちんと説明しなければならないということになるわけですからよく覚えておきましょう。取り立てをするということは時間などもしっかりで決まっており、複数人で行ってはならないということもあったりします。家の中に強制的に入ろうとするのも当然そんな権利はありませんからもし行ってしまうと犯罪だということになりますので、貸している側もかなり大変なことになっている、ということは理解しておく価値があります。貸す側も返してもらうということに関してかなり手間をかけていることが多いのです。それが貸金業になります。http://www.theyemenisalon.com/items/rakuten/